【クアラルンプール】 カイリー・ジャマルディン保健相は7日、新型コロナウイルス「Covid-19」のオミクロン変異株に対する水際対策として、8日付けで施行される追加措置を発表した。
対象となるのは、▽シンガポール間「ワクチン接種完了者向けトラベル・レーン(VTL)」の空路・陸路利用者▽ランカウイのトラベルバブル(LITB)の外国人観光客▽短期滞在用ワンストップセンター(OSC)で入国する商用目的の入国者▽オミクロン株に係る一時入国拒否対象とされている国からの入国者▽オミクロン株の市中感染が報告されている国からの入国者ーー。
VTL、LITB、OSCは、ワクチン接種完了済みかつ渡航の48時間前までにスワブ検査を受検する必要がある。入国時検査に加え、入国後2日目、4日目、6日目に自己診断キットによる検査、3日目、5日目には、RTK-Ag抗原迅速検査を受け、すべての検査結果をコロナ情報・追跡アプリ「MySejahtera」で報告することが義務付けられる。
オミクロン株による一時入国拒否対象となっている8カ国▽南アフリカ▽ボツワナ▽エスワティニ▽レソト▽モザンビーク▽ナミビア▽ジンバブエ▽マラウイーーから入国する場合、出発48時間前にRT-PCR検査、指定された隔離施設での14日間の強制隔離および隔離期間中のデジタル追跡装置の使用が義務付けられる。
イギリス、アメリカ、オーストラリア、フランス、ノルウェーなど、オミクロン株の市中感染が報告されている国からの入国者も出発48時間前のRT-PCR検査、隔離期間中のデジタル追跡装置の常時使用が求められるが、隔離期間はワクチン接種の状況に応じて決定される。
カイリー大臣は、追加措置以外の要件は従来通りだとし、今後もウイルス動向を注視しながら状況に応じて注意事項を随時変更していくと述べた。
(マレー・メイル、フリー・マレーシア・トゥデー、エッジ、12月7日)



【日本留学経験者のご紹介から人事・労務のご相談まで弊社へお任せ下さい!】

スポンサードリンク