【クアラルンプール】 スウェーデンの自動車メーカー、ボルボ・カー・マレーシアは、2021年通年の販売台数が2,229台となり、前年比14.3%の大幅増となったと明らかにした。
前年比での売り上げ増は6年連続。販売台数の73%を電気自動車(EV)及びプラグインハイブリッド車(PHEV)が占めた。また12月の販売台数は524台となり、単月では過去最高となった。
チャールズ・フランプ社長は、「ディーラーとスタッフの総力を結集して、2022年の電化に向けた土台を築き、2030年までに完全なEV会社になるという目標に向かって突進する」と述べた。
ボルボ車の世界全体の販売台数は69万8,693台で、前年比5.6%増となった。EV及びPHEVの販売が前年比63.9%増となり、販売台数全体の27%を占めた。12月単月では、EV及びPHEV販売が全体の40%を占め、EVが7.4%を占めた。
(ニュー・ストレーツ・タイムズ、1月10日)



【日本留学経験者のご紹介から人事・労務のご相談まで弊社へお任せ下さい!】

スポンサードリンク