【クアラルンプール=マレーシアBIZナビ】 ホンダ・マレーシアは13日、フルモデルチェンジした第11世代のCセグメント・セダン「シビック」を発表した。
エントリーモデルの「E」、プレミアムの「V」に加えて、「シビック」としては初めとなるスポーツモデルの「RS」バリアントを導入した。車体色は5色。価格は売上サービス税(SST)抜きでそれぞれ12万5,634.64リンギ、13万8,043.36リンギ、14万4,350.09リンギで、走行距離無制限で5年間の保証が付く。
各バリアント共に搭載エンジンを排気量1.5リットル・VTECターボに統一し、より進化した次世代安全運転支援システム「ホンダ・センシング」を搭載した。エンジンは最大出力182馬力(PS)、最大トルク240Nmを発揮。燃費は走行距離100キロメートルで「E」と「V」が6.0リットル、「RS」は6.3リットルとなっている。

12月14日に受付を開始して以来、新型「シビック」の予約台数はこれまでに1,200台に達した。ホンダは月間900台の販売を目標に掲げており、「E」、「V」、「RS」の販売比率を20対50対30と見込んでいる。納車待ち期間は車種によって1-2カ月となっている。



【日本留学経験者のご紹介から人事・労務のご相談まで弊社へお任せ下さい!】

スポンサードリンク