【クアラルンプール】 カイリー・ジャマルディン保健相は20日、新型コロナウイルス「Covid-19」感染拡大を防ぐために海外からの渡航者に課せられている隔離期間について、24日付けでワクチンの追加(ブースター)接種を条件に現在の10日間から5日間に短縮すると発表した。
海外からの渡航者は、成人・子供を問わず、3カテゴリーに分類され、カテゴリーごとに異なる隔離期間が設けられる。全員が「出発の2日前」および「到着時」の2回RT-PCR検査を受け、ともに結果が陰性である必要がある。
ワクチン追加接種済の場合は、隔離期間は5日間となり、4日目にRT-PCR検査、あるいは5日目に医療従事者による抗原迅速(RTK-Ag)検査を受ける。ワクチン2回接種を完了している場合は、隔離期間は7日間となり、5日目にRT-PCR検査、あるいは7日目に医療従事者によるRTK-Ag検査を受ける。ワクチン接種が不完全あるいは未接種の場合は、隔離期間は10日間となり、8日目にRT-PCR検査、あるいは10日目に医療従事者によるRTK-Ag検査を受ける。
また、これまで海外からの渡航者に着用が義務付けられていたピンクのリストバンドは廃止される。代わりに渡航者はデジタル在宅監視命令(HSO)の下に置かれることになり、高リスク国からの入国の場合には、自宅隔離の際にデジタル追跡装置の着用が義務付けられる。
カイリー氏は、他国のデータ、科学、経験に基づき隔離措置を再評価し、今回の変更を行なったと述べた。
(エッジ、フリー・マレーシア・トゥデー、マレー・メイル、1月20日)



【日本留学経験者のご紹介から人事・労務のご相談まで弊社へお任せ下さい!】

スポンサードリンク