【クアラルンプール=マレーシアBIZナビ】 保健省(MOH)は10日、新型コロナウイルス「Covid-19」の新規感染者数は1万9,090人だったと発表した。7日連続で今年最多を更新した。累計感染者数は297万5,422人となった。
「Covid-19」からの復興を目指す国家復興計画(NRP)を管轄する国家復興評議会(NRC、MPN)の議長であるムヒディン・ヤシン前首相は9日、PCR検査で陽性反応が出たと発表した。軽症のため自宅で隔離を行っているという。
9日には5,681人が回復し、累計治癒者は282万9,752人。死者数は9人増え、累計で3万2,065人となった。アクティブ感染者は、前日から1万1,444人増え9万4,515人。うち88.8%が自宅、5.7%が低リスク者用隔離・治療センター(PKRC)、5.4%が医療機関、0.2%が集中治療室(ICU)で療養中となっている。病床使用率は69.9%に0.1%ポイント下降した。
同日午後11時59分時点のワクチン接種完了者数は、2,572万7,038人で、接種率は78.8%だった。18歳以上の成人接種者数は2,293万3,328人で、接種率は98.0%。ブースター接種完了者は1,276万9,610人で、接種率は39.1%となった。1人の感染者が何人に感染を広げる可能性があるかを示す基本再生産数(R0/RT)は1.47に上昇。全ての州・地域で1.00を上回った。最も高いのは、ラブアンで1.94だった。
また新たに15カ所のクラスターが発生。うち12カ所が教育機関、2カ所が職場、残り1カ所は医療機関など感染すると重症化するリスクが高い集団で起きたクラスターだった。セランゴール州が5カ所で最多。これまでに確認されたクラスターは6,541カ所となり、現在感染者を出し続けているアクティブなクラスター数は385カ所に増えた。



【日本留学経験者のご紹介から人事・労務のご相談まで弊社へお任せ下さい!】

スポンサードリンク