【クアラルンプール】 イスマイル・サブリ・ヤアコブ首相は16日、同日から首都圏の主要公共交通サービスの乗車料金を1カ月間無料にすると発表した。
首都圏大量高速輸送(MRT)プトラジャヤ線(MRT2)の第1期の正式開業を受けてのもの。対象となるのは、ラピッドKLが運営する、MRT、軽便鉄道(LRT)、バス高速輸送(BRT)、モノレール、ラピッドKLバスの全路線およびマレー鉄道(KTM)が運営するKTMコミューター。
イスマイル首相は、国民が現在直面している生活費上昇の影響を緩和するためのものであると言明。予算として1億5,500万リンギを用意し、そのうち1億4,000万リンギをラピッドKLに、1,500万リンギをKTMに配分すると述べた。
MRT2第1期(全長17.5キロメートル、クワサ・ダマンサラ-カンポン・バトゥ間の全12駅)は、16日午後3時に運行を開始。第2期(全長17.5キロメートル、クワサ・ダマンサラ-カンポン・バトゥ間の全12駅)は2023年1月の運行開始を予定している。
(マレー・メイル、フリー・マレーシア・トゥデー、ポールタン、6月16日)



【日本留学経験者のご紹介から人事・労務のご相談まで弊社へお任せ下さい!】

スポンサードリンク