【クアラルンプール】 米IT大手のグーグルが提供するクラウドサービス「グーグルクラウド」は10日、アジア太平洋地域における需要増加に対応するため、マレーシアに新リージョンを開設すると発表した。

設置都市や時期については未定。タイ、ニュージーランドにも新リージョンを開設する計画だ。

グーグルクラウドのアジア太平洋地域担当副社長であるカラン・バジュワ氏は、新リージョンは、アジア太平洋地域のデジタル変革を支援するというグーグルの継続的なコミットメントを表すものであり、通信業界のパートナーと協力して、アプリコット、エコー、JGAサウス、インディゴ、トパーズなどの海底ケーブルや主要都市での接続拠点を設置し、地域全体の接続性拡大に引き続き投資していくと述べた。

市場調査会社IDCは、日本を除くアジア太平洋地域のクラウドサービスに対する総支出は、2025年までに2820億米ドル(1兆2600億リンギ)に達すると予想している。

IDCアジア太平洋地域クラウドサービス・ソフトウェアリサーチ・ディレクターのダフネ・チュン氏は、グーグルクラウドの新リージョンは、デジタル分野における組織のニーズに対応し、アジア太平洋地域におけるデジタル変革の機会を増加させるとし、顧客企業のハイブリッド・マルチクラウド環境への移行を支援しつつローカル・リージョンへのアクセスについて、より多くの選択肢を顧客に提供できるようになると述べた。

グーグルクラウドは現状、アジア太平洋地域で11リージョン、全世界で34リージョンを運営している。
(エッジ、8月10日)



【日本留学経験者のご紹介から人事・労務のご相談まで弊社へお任せ下さい!】

スポンサードリンク