【クアラルンプール】 マレーシア警察によると、2022年の犯罪件数は5万819件となり、前年から4.1%減少した。

経済犯罪も、2021年の3万1,490件から3万536件に減少した。一方、薬物犯罪に関する取り締まりを強化したことで、逮捕者は16万3,740人に上り、前年(14万1,346人)から増加。1985年危険薬物法(特別予防法)に反したとして拘留された人の数も1,261人となり、前年の1,186人を上回った。

また昨年、密輸、不法滞在、国家資産に関係する犯罪件数は2,866件に上り、前年(2,811件)からやや増加。逮捕者数は5,945人で、前年の4,840人を上回り、押収額は4億9,560万リンギに達した。2021年には4億4,590万リンギ相当を押収していた。

ブキアマン警察本部で開催された月例会号に出席したアクリル・サニ警察長官は、全国規模で警察が犯罪抑制のために努力したことが奏功して犯罪件数が減少したと言明。その上で警察官に対して、誠実さを強化し、知識やスキルを向上し、いつでも人々に奉仕できるようにすべきと呼びかけた。
(ザ・スター、1月12日、ベルナマ通信、1月11日)



【日本留学経験者のご紹介から人事・労務のご相談まで弊社へお任せ下さい!】

スポンサードリンク