【クアラルンプール】 デロイトが実施した2つの調査によると、新型コロナウイルス「Covid-19」の大流行下において企業や政府が自らのコミットメントを反映する世界を推進しており、ミレニアル世代(25ー39歳)とZ世代(5ー24歳)は、社会の改善に注力しリセットの機会と見ている。
デロイトは、主要調査を2019年11月ー2020年1月上旬において43カ国の1万8,426人のミレニアル世代とZ世代を対象に、パルスサーベイを2020年4ー5月間において13カ国の9,102人を対象に実施した。
新型コロナ大流行前に行った主要調査でマレーシアのミレニアル世代の46%は、不安やストレスを感じていると回答。ストレスの主な原因について▽個人の長期的な経済的将来(57%)▽家族の福祉(54%)▽仕事・キャリアの見通し(50%)ーーなどを挙げた。一方で新型コロナ大流行下に行ったパルスサーベイでは、ロックダウンによりストレスレベルがわずかに低下したことが分かった。ミレニアル世代の69%とZ世代の64%は、在宅勤務の選択肢を持つことでストレスを和らげることができると回答した。
経済面については、主要調査では50%のミレニアル世代が、来年に悪化または停滞すると考えいたが、パルスサーベイではミレニアル世代の半分以上、Z世代の半分近くが短期的な楽観的な見方を示しており、「新型コロナにより向こう3カ月の収入を節約できる」と答えた。しかし景気回復については「改善する」との回答がミレニアル世代で56%(世界では51%)に止まり、3年前の調査結果(76%)からダウンし、更にパルスサーベイではミレニアル世代で41%、Z世代で43%に止まった。
34%のミレニアル世代(世界では35%)が、5年以上の継続勤務を望んでいると回答し、2019ー2020年間において2年以内に退職した労働者は23%に止まった。また新型コロナ下における雇用主の対応については3分の2が、迅速な対応および対応内容に満足していると回答。約60%は、これらを理由に継続勤務を希望しているとした。
(ボルネオ・ポスト、7月20日、ザ・サン、7月15日)

【マレーシアBIZナビ14日間無料試読のご案内】

スポンサードリンク