ドン・キホーテの海外店舗「Don Don Donki」オープン 店内レポート

マレーシアにディスカウント店「ドン・キホーテ」の海外店舗「Don Don Donki」がクアラルンプールの商業施設「Lot10」内に3月19日にオープンしました。本記事では3月22日に店内を取材した様子をお伝えいたします。

「Don Don Donki」はLot10内のGrand Floor、1st Floor、2nd Floorの3フロアに展開されていますが、取材時点でGrand Floor部分は出口専用になっており、入場のためには一旦2nd Floorまで行き、整理券を受け取って列に並ぶ必要がありました。約40分並び、店内に入ることができました。

2nd Floor部分は化粧品・雑貨・菓子売り場、1st Floorが食品売り場、Grand Floorが食品売り場とレジとなっています。

店内の通路は余裕があり、人とすれ違う際もぶつかることはありませんでした。時に家族連れで買い物を楽しむ人たちが夢中になって通路がふさがってしまうことも。時には客同士が通過できるまで待っているシーンもありました。

菓子コーナーは充実しており、キットカットだけでも紅芋、菊正宗、ほうじ茶、もみじまんじゅうなど様々なバラエティの味が並んでいました。

食料品売り場には、野菜、肉、刺身、寿司、惣菜、弁当が売られており、ハラルの和牛コーナーも売り場が充実していました。

惣菜として売られているサーモンの寿司や刺身などは、2階で実際に調理されており、外側から寿司を握ったり加工している様子を見ることもできます。

食料品売り場ではかご3つにいっぱいに食品をつめて買い物をする客の姿も見られました。

水産加工品には他に干物、冷凍もの、サバの切り身などもありました。

その他、ケーキなどのスイーツ、焼き芋の販売もありました。

日本のスーパーのように、弁当やお好み焼きなどもパックで売られており、近隣のオフィスワーカーで弁当を買いに来ている人の姿もありました。

Grand Floorには日本産の果物売り場とレジとなっており、りんご、イチゴ、ミカンなど様々な産地の日本産果物を楽しむことができました。果物の隣には清涼飲料の売り場もあり、品種が充実していました。

実際に来店しているローカルマレーシア人にインタビューも行いました。以下からご覧いただけます。

「ドン・キホーテ」がクアラルンプールにオープン|ローカル客にインタビューしてみました!

マレーシアBIZナビ 個人購読のご案内

マレーシアBIZナビ 個人購読 サービス概要

マレーシアの政治・経済ニュースの提供(メールでの配信)
マレーシアの毎平日 18:30頃 ウィークリーニュース 毎週水曜日午後

ニュース送付先は1契約あたり1メールアドレスとなります。
複数の宛先をご希望の場合や労務相談をご希望の場合、法人としてのご購読をお願い致します。

お支払い方法:クレジットカードのみ

ご契約期間:1か月または12カ月がお選びいただけます。中止のお申し出がない限り自動更新となります。

サービス開始にあたり、本ページ上で2点手続きをお願い致します。

①申込書への記載、送信
②クレジットカードでの決済手続き

※料金のお引き落としのタイミングにつきましては、ご登録のカード会社へのご確認をお願い致します。

※個人情報の取得につきまして
当サイト上での個人情報の取得にあたっては、ご提供時における確認欄等へのクリックによって同意を得たものとします。

お申込み書

ご記入頂き、送信をお願い致します。

https://forms.gle/sCwPirnBuEsgfRD69

お支払い

Paypalという決済システムを導入しております。お支払い日を起点に1ヶ月または1年ごとの自動更新となります。月末にお手続きされても問題なくご利用いただけます。

マレーシアBIZナビ個人購読1カ月のお支払い

マレーシアBIZナビ個人購読12カ月のお支払い

お申し込み後について

お申し込み情報が弊社に到着、および決済確認ができ次第、ご指定のメールアドレスに会員サービスのご案内を致します。
配信および会員情報の提供まで最大3営業日頂いております。ご了承くださいませ。

お問合せ先

食品商談会 Japanese Foods “Premium” Trade Fairを弊社がアレンジしました

食品商談会 Japanese Foods “Premium” Trade  Fairがこのほどマレーシアの首都クアラルンプールでオンライン形式で開催され、弊社アジアインフォネットが全面的に現地手配を担当しました。

同イベントはマレーシアへの商流拡大を考える日本の食品メーカーと、日本食品に関心をもつマレーシアの食品輸入業者及びレストランに商談機会を提供するもので、2月25日、26日の2日間、JTB主催で開催されました。

新型コロナウイルス「Covid-19」の感染拡大の影響で延期となっていましたが、マレーシアにおける移動&イベント制限の緩和に伴い開催に漕ぎ着けました。

今回参加したサプライヤー(日本企業)は14社、マレーシアの参加バイヤーは弊社が声掛けした企業を中心に50社。

クアラルンプール市内の特設会場には、事前に日本企業からマレーシアに送られた商品サンプルが置かれ、会場に足を運んだバイヤーは日本産の水産物、菓子、日本酒、茶など試食・試飲しながら、オンラインで日本企業と商談を進めました。

当日会場に来ることができないバイヤーは、会社や自宅からオンライン参加し、画面に映された会場の商品サンプルを見ながら商談を進めました。

会場に足を運ぶバイヤーはとても商談に積極的で、予定していた商談以外にも追加の商談を希望するなど熱心な印象でした。

弊社アジアインフォネットでは、20年以上にわたる現地企業と培ってきた協力関係、過去20回以上の商談会運営に携わった経験をいかし、日本企業を対象にマレーシアの優良バイヤーの紹介、視察アレンジ、食品市場調査、テスト販売、試食会、営業代行などを承っております。
食品事業についてはこちら

マレーシアへの食品輸出ウェビナーを開催いたしました

1月25日(月)に、マレーシアへの販路拡大を考える日本の食品業者むけに、マレーシア最大規模のビジネス交流サイトCONNECTIONでウェビナーを開催いたしました。

講師は弊社代表の田辺が担当し、マレーシアの概況、輸入規制とハラル、コロナ前後の市場動向をお話し、日本企業47社にご参加頂きました。

例年は商談会を開催し、日本からマレーシアに視察に来る企業も今年はコロナウイルスの影響で渡航ができない状況です。日本にいながら情報収集しようと、最後の質疑応答でも多数の質問を頂きました。

セミナーの録画を、CONNECTION上で会員限定で公開しております。
閲覧には会員登録(無料)が必要となります。

https://connection.com.my/bizevent-0125-record/

CONNECTION上には他にも食品輸出についての記事を掲載しております。
併せてご覧下さいませ。

https://connection.com.my/malaysia_transport_report/

本記事がマレーシアの食品市場への進出をご検討の方にご参考になれば幸いです。

オンライン食品商談会の記録 【スタッフブログ12.17】

日本の食品業者とマレーシアの食品バイヤーを繋ぐオンライン商談会が12月7日から16日まで、JETRO主催で行われました。弊社ではオンラインでの商談会の共催は初めての試みとなり、司会進行と通訳を担当しました。

マレーシア人の通訳スタッフを事務所に迎えて気づいたことは、彼らがカラフルな服を着ていることです。日本人は特にオフィスではモノトーンやカーキなど地味な色を着る傾向がありますが、出社したマレーシア人は赤、青、黄色の鮮やかな色を着ていました。

服だけでなく、スーパーマーケットなどの商品を見ていてもパッケージのカラフルさに日本との違いを感じることがあります。マレーシア人の心をつかむ商品のパッケージには 、カラフルさも必要かもしれません。

また、オンラインミーティングに出席するバイヤーの対応にも日本の企業との差を感じました。日本の企業はオフィスからの対応が多いことに対し、マレーシアのバイヤーの中にはコロナ感染拡大で在宅勤務が多くなっていることから、家から出席したり、スマートフォンで外出先から対応するパターンもありました。

弊社ではコロナ禍でもオンラインで、日本企業に向けたマレーシアの食品市場調査・営業代行の対応を行っております。

商談会での気づきはこちら

食品事業についてはこちら

編集後記 08.07

マレーシアに住み始めて意外だったことがいくつかあります。その一つが、マレーシアでの生活では意外に潔癖になるいうことです。コロナウイルス感染拡大が広がってから特にかもしれませんが、私の中での「日本は几帳面だけど海外はおおざっぱ」という固定観念が壊れました。

まず私自身が、家で潔癖になりつつあります。甘いものや食べ物をこぼしてしまうとアリがどこからか発生してしまいます。なので、食べかけのお菓子は日本の時のように放置はしておけず、冷蔵庫にしまい、日本に住んでいる時以上に家をきれいに掃除するようになりました。

同僚のマレーシア人は、移動制限前はお昼をレストランの店内で食べていましたが、最近は自分用のお弁当箱のような容器を持ってきて、レストランにその器に入れてもらうよう頼んでお持ち帰りをしています。エコ意識とか他の理由もあるのかもしれませんが、彼女の徹底ぶりが素晴らしいと思います。

マレーシアでは人が潔癖になることで、爆発的な感染が抑えられているのかもしれません。これからも日本以上に潔癖な生活を楽しんで行きたいと思います。

今回をもちまして、スタッフによるブログは終了となります。今までご覧頂きありがとうございました。(い)

編集後記 07.30

わたしの友人は、マレーシアで働きながら週末に東南アジアを旅行するバックパッカーで、月に1、2回は海外を飛び回っています。昨年は東南アジア地域だけでなくヨーロッパにも訪れていました。マレーシアーヨーロッパ間の航空券も、オフシーズン(?)であれば日本からよりもかなり安いようです。
行動制限令(MCO)発令中「旅行に行けない!」と嘆いていましたが、州間旅行が解禁され、早速ジョホールに遊びに行っていました。そんな彼女を見習って、わたしも今年こそはタイやインドネシアへ行こう!と計画していたのですが、新型コロナウイルスの影響で年内の海外旅行は厳しそうですね。
わたし、マレーシアに来て1年半以上が経ちますが一度も国外旅行をしたことがないんです…!早く国境が開放され、旅行を楽しめる日が来ることを切実に願っています。そして来年こそはたくさん旅行したいです!(み)

編集後記 07.24

新型コロナウイルスの流行で今年は予定が狂ってしまったり、家で過ごす時間が増えたり、基本や初心に立ち返るということが多かった気がする。

これまで当たり前だったことが当たり前ではなくなり、新しいルールや新習慣も生活に取り入れるようになった。外出時にはマスクは必須になり、店舗に入店する際の署名やアプリの登録、誰か人に会うときはその方が年配の方と同居していたり入院者がいる場合は会うのを避けてみたりなどここ半年で一気に生活は変わった。

在宅時間を充実させるためのオンラインでの交流やミーティング、サービスもどんどんと増え、外に出られないストレスはあるものの便利にはなった。世界中で感染第2波が懸念されており、感染者が増えている国や地域が増加しているが、今後新たにどんなことが新常識になるのだろうと思っている。(y)

編集後記 07.17

実家のある福岡県大牟田市が水害に遭った。実家は山沿いにあるため被害は免れたが、観測史上最多の雨量を記録し、平野部はかなりの範囲が水に浸かった。大牟田市は昔の炭坑町というイメージが強すぎてあまり知られていないものの、マーサーの「世界生活の質ランキング2007」で世界25位にランクインしたことがあるほどの住み良い都市だ。都市の規模が10万人とそこそこで、気候が温暖で災害が少ない。

小生が住んでいた22年の間でも地震や水害など大きな災害が起きた記憶はない。しかし今回の水害ではこれまでに2人が死亡。被害の全貌はまだ明らかになっていない。地元の同級生の中にも被災者が多数出ており、次々と被災報告が届く。故郷が破壊される様子をみるのがこんなに悲しいことなのかと初めて実感した次第だ。

そんな中にあって、フェイスブック上で助け合いの輪が市民の間、また遠方に住む大牟田出身者の間で広がっているのが希望の光だ。道路交通情報を提供し合っているグループがあるかと思えば、配給物資供給や人的支援の情報を紹介するグループが活動している。個人レベルで行なっておられる支援に関する情報は、ソーシャルネットで瞬く間にシェアされる。ご多分に漏れず大牟田市も財政難で人手も足りずまったく災害対策が追いつかない現状だが、今後の災害支援の在り方はこうした民間の緩やかな連携が主流になっていくのだろうと感じた。(ゆ)

編集後記 07.10

復興のための行動制限令(RMCO)に移行してから州をまたぐ移動や国内旅行等、出来る事が徐々に増えてきましたね!という訳で我が家も行きたくて行きたくてウズウズしていた「海」へ早速出かけて来ました!!KLから車で1時間程で行けるビーチ、ポートディクソンへ~。

約4カ月ぶりのビーチはたくさんの家族連れやグループで賑わっていました。皆考えは同じですね。泳いていた人はあまりおらず、砂浜で遊んだり日光浴をしたり。私と娘は波打ち際を裸足でゆっくりのんびり散歩。久々の砂の感触と小波にパワーをもらっているような感覚を感じました。海水もMCOを経て心なしかキレイになったような。

ただ、私はMCO中は週1回の買出しにしか外出をせずSTAY HOMEを続けてきたので足腰がかなり弱っており・・・ 一時間程の浜辺の散歩で かなりの筋肉痛に(涙)。7月からはジムもプールも再開したので、少しずつ体力づくりに励みます!久々のビーチはやっぱり最高でした~♪(む)