編集後記 08.07

マレーシアに住み始めて意外だったことがいくつかあります。その一つが、マレーシアでの生活では意外に潔癖になるいうことです。コロナウイルス感染拡大が広がってから特にかもしれませんが、私の中での「日本は几帳面だけど海外はおおざっぱ」という固定観念が壊れました。

まず私自身が、家で潔癖になりつつあります。甘いものや食べ物をこぼしてしまうとアリがどこからか発生してしまいます。なので、食べかけのお菓子は日本の時のように放置はしておけず、冷蔵庫にしまい、日本に住んでいる時以上に家をきれいに掃除するようになりました。

同僚のマレーシア人は、移動制限前はお昼をレストランの店内で食べていましたが、最近は自分用のお弁当箱のような容器を持ってきて、レストランにその器に入れてもらうよう頼んでお持ち帰りをしています。エコ意識とか他の理由もあるのかもしれませんが、彼女の徹底ぶりが素晴らしいと思います。

マレーシアでは人が潔癖になることで、爆発的な感染が抑えられているのかもしれません。これからも日本以上に潔癖な生活を楽しんで行きたいと思います。

今回をもちまして、スタッフによるブログは終了となります。今までご覧頂きありがとうございました。(い)

編集後記 07.30

わたしの友人は、マレーシアで働きながら週末に東南アジアを旅行するバックパッカーで、月に1、2回は海外を飛び回っています。昨年は東南アジア地域だけでなくヨーロッパにも訪れていました。マレーシアーヨーロッパ間の航空券も、オフシーズン(?)であれば日本からよりもかなり安いようです。
行動制限令(MCO)発令中「旅行に行けない!」と嘆いていましたが、州間旅行が解禁され、早速ジョホールに遊びに行っていました。そんな彼女を見習って、わたしも今年こそはタイやインドネシアへ行こう!と計画していたのですが、新型コロナウイルスの影響で年内の海外旅行は厳しそうですね。
わたし、マレーシアに来て1年半以上が経ちますが一度も国外旅行をしたことがないんです…!早く国境が開放され、旅行を楽しめる日が来ることを切実に願っています。そして来年こそはたくさん旅行したいです!(み)

編集後記 07.24

新型コロナウイルスの流行で今年は予定が狂ってしまったり、家で過ごす時間が増えたり、基本や初心に立ち返るということが多かった気がする。

これまで当たり前だったことが当たり前ではなくなり、新しいルールや新習慣も生活に取り入れるようになった。外出時にはマスクは必須になり、店舗に入店する際の署名やアプリの登録、誰か人に会うときはその方が年配の方と同居していたり入院者がいる場合は会うのを避けてみたりなどここ半年で一気に生活は変わった。

在宅時間を充実させるためのオンラインでの交流やミーティング、サービスもどんどんと増え、外に出られないストレスはあるものの便利にはなった。世界中で感染第2波が懸念されており、感染者が増えている国や地域が増加しているが、今後新たにどんなことが新常識になるのだろうと思っている。(y)

編集後記 07.17

実家のある福岡県大牟田市が水害に遭った。実家は山沿いにあるため被害は免れたが、観測史上最多の雨量を記録し、平野部はかなりの範囲が水に浸かった。大牟田市は昔の炭坑町というイメージが強すぎてあまり知られていないものの、マーサーの「世界生活の質ランキング2007」で世界25位にランクインしたことがあるほどの住み良い都市だ。都市の規模が10万人とそこそこで、気候が温暖で災害が少ない。

小生が住んでいた22年の間でも地震や水害など大きな災害が起きた記憶はない。しかし今回の水害ではこれまでに2人が死亡。被害の全貌はまだ明らかになっていない。地元の同級生の中にも被災者が多数出ており、次々と被災報告が届く。故郷が破壊される様子をみるのがこんなに悲しいことなのかと初めて実感した次第だ。

そんな中にあって、フェイスブック上で助け合いの輪が市民の間、また遠方に住む大牟田出身者の間で広がっているのが希望の光だ。道路交通情報を提供し合っているグループがあるかと思えば、配給物資供給や人的支援の情報を紹介するグループが活動している。個人レベルで行なっておられる支援に関する情報は、ソーシャルネットで瞬く間にシェアされる。ご多分に漏れず大牟田市も財政難で人手も足りずまったく災害対策が追いつかない現状だが、今後の災害支援の在り方はこうした民間の緩やかな連携が主流になっていくのだろうと感じた。(ゆ)

編集後記 07.10

復興のための行動制限令(RMCO)に移行してから州をまたぐ移動や国内旅行等、出来る事が徐々に増えてきましたね!という訳で我が家も行きたくて行きたくてウズウズしていた「海」へ早速出かけて来ました!!KLから車で1時間程で行けるビーチ、ポートディクソンへ~。

約4カ月ぶりのビーチはたくさんの家族連れやグループで賑わっていました。皆考えは同じですね。泳いていた人はあまりおらず、砂浜で遊んだり日光浴をしたり。私と娘は波打ち際を裸足でゆっくりのんびり散歩。久々の砂の感触と小波にパワーをもらっているような感覚を感じました。海水もMCOを経て心なしかキレイになったような。

ただ、私はMCO中は週1回の買出しにしか外出をせずSTAY HOMEを続けてきたので足腰がかなり弱っており・・・ 一時間程の浜辺の散歩で かなりの筋肉痛に(涙)。7月からはジムもプールも再開したので、少しずつ体力づくりに励みます!久々のビーチはやっぱり最高でした~♪(む)

編集後記 07.03

多数の方のご協力のもと、弊社のホームページを7月1日に無事開設することができました。
感想記事の提出にご協力頂いた購読者様、インタビューにご協力頂いた企業のトップの方々、方針変更にご理解を頂いた購読者様、ウェブ関連での取引先、デザイナー、記事を執筆する弊社編集など実際に動いてみて想像以上の方々と関わりがあり、時間を要する期間でした。同時に、一人ではできることも限られると痛感もしました。
この場をお借りして、関わって頂いたすべての方に感謝申し上げます。

また、マレーシアではRMCOへ移行し、飲食店でのイートイン、コンドミニアムでの運動などできなかったことが許可されるようになりました。

移動制限前には、見えているようで見えていなかった「つい当たり前となっていた」ことに気づかされることの多いこの頃です。
今の初心や、感謝できる気持ちを大切に、これからの仕事に生かしていきたく、こちらの記事に記載しました。(い)

編集後記 06.24

行動制限令(MCO)が施行されてから家でプチ筋トレを行うよう毎日心掛けています!約3カ月近く続けていて、以前より体力が付いたと思います。

ところで先日つま先を上げてヒップリフトを行っていた際、左かかとに激痛を感じました。直ぐに治るだろうと気にせず筋トレを続けましたが、翌日になっても痛みは引かずむしろ悪化。触るだけでも痛みを感じるようになり、びっこを引きながら出勤しました。

そして終業後、帰宅してかかとを見るとそこには髪の毛が刺さっていて・・・髪の毛を抜くと同時に痛みがすっと消えました(笑)何か刺さるような痛みではなく骨に異常があるように感じましたが・・・かかとは神経が少なく、勘違いしたのでしょうか。

体重が重くて支えきれなかったんだと落ち込みましたが、とりあえず原因は体重ではなかったようで安心しました。(み)