【クアラルンプール=マレーシアBIZナビ】 新型コロナウイルス「Covid-19」ワクチン接種プログラムの第2フェーズが4月19日に開始された。期間は8月末まで。

第2フェーズの接種対象となるのは、第1フェーズで接種を受けていない医療従事者や必需サービス従事者、65歳以上の高齢者や障害者、心臓病、肥満、糖尿病、高血圧などの慢性疾患を持つ人。当初の見込みでは対象者は940万人に上ると推定されていたが、現時点で接種登録を行なった人は200万人にとどまっている。カイリー・ジャマルディン科学技術革新相は19日、学校教師50万人を第2フェーズの対象に加えると発表した。

追跡・情報アプリ「MySejahtera」を通じて接種申請を行なった人に対しては、4月5日から電話もしくはテキストメッセージ(SMS)を通じて、接種の2週間前に接種場所と日時を案内し、接種3日前と1日前にSMS及びコールセンターを介して予約確認を通知している。

■二度目の接種済ませた40人が感染■

保健省のノール・ヒシャム事務次官は、二度目のワクチン接種を済ませた40人の医療関係者が感染していたことを公表。ワクチン接種してもなお感染する可能性があることを示しているとして、引き続き国民に慎重な行動をとるよう求めた。

40人のうち31人は二度目の接種を受けて2週間以内、9人は2週間以上経った後に感染が確認された。また一度目の接種を受けたものの二度目の接種を受ける前に感染した者が142人いたという。

スポンサードリンク