【クアラルンプール】 保健省のノール・ヒシャム事務次官は1日、新型コロナウイルス「Covid-19」の感染者の再びの増加により、首都圏クランバレーの医療提供体制が逼迫してきていると述べた。
国家危機準備および対応センターによると、スンガイブロー病院、クアラルンプール (KL)病院、アンパン病院、セルダン病院、テンク・アムプアン・ラヒマー病院での集中治療室(ICU)の病床使用率が70%以上。またセラヤン病院とマラヤ大学医療センターの救命救急およびICUの病床の使用率も50%以上となっているという。
ノール氏は、重症者の入院者数が過去2週間と比べて62%増加したことが原因であると指摘。クランバレーだけでも新型コロナの患者を治療するために108台の人工呼吸器が必要となっているとした。
また1月1日から5月1日までの新型コロナの発生状況は、人口10万人あたり872人となっている。最も発生率が多いのはKLで1,583人、それにセランゴール州(1,486人)、プトラジャヤ(1,140人)の順となった。全国の実効再生産数(RT)は1.14で、セランゴール州1.20、KLで1.16と全国平均より高いが、プトラジャヤで1.0となっているという。
(マレーメイル、5月1日、エッジ、5月1日)

スポンサードリンク