【クアラルンプール】 イスマイル・サブリ・ヤアコブ上級相(兼国防相)は24日、新型コロナウイルス「Covid-19」変異株の流入を防止するため、一部の国・地域を除くすべての国・地域からの旅行者(マレーシア人含む)を対象に強制隔離期間をこれまでの10日から14日に延長すると発表した。日本はすでに5月初めから14日間の隔離対象国の40カ国に含まれている。
サブリ大臣は、14日間隔離の際には10日目にRT-PCRリピートテストを行い、14日目に行なうリスク評価の結果しだいで強制隔離期間をさらに7日間延長して21日間にする可能性があると言明した。隔離期間が21日に延長された場合は、RT-PCRリピートテストを18日目にも行なう。
インドからの旅行者はすでに強制隔離期間が21日間となっているが、新たにスリランカ、バングラデシュ、ネパール、パキスタンの4カ国からの旅行者も21日間隔離の対象となった。
国外からマレーシアを訪問するすべての旅行者は出発の3日前にRT-PCR検査を受診し、陰性証明をとることが求められている。
(ベルナマ通信、5月25日)

スポンサードリンク