【クアラルンプール=マレーシアBIZナビ】 中央銀行バンク・ネガラ・マレーシア(BNM)は13日、2020年第3四半期(7ー9月)の国内総生産(GDP)成長率が2.7%のマイナス成長になったと明らかにした。新型コロナウイルス「Covid-19」の感染拡大の影響を受けてマイナス17.1%に落ち込んだ前期からは改善した。

セクター別では、前期にマイナス18.3%だった製造業が堅調な対外需要を受けて3.3%にプラス回復した。また景気を牽引してきたサービス業も行動制限令(MCO)解除後の需要拡大から、マイナス16.2%からマイナス4.0%へ回復した。鉱業も石油ガス需要回復によりマイナス20.0%からマイナス6.8%へ、建設も工事再開によりマイナス44.5%からマイナス12.4%へといずれもマイナス成長ながらも回復した。ただ農業はアブラヤシ収量が減少したことから、前期の1.0%のプラス成長から0.7%のマイナス成長に落ち込んだ。

国内需要は前期のマイナス18.7%からマイナス3.3%に改善、民間消費もマイナス18.5%からマイナス2.1%に、民間投資もマイナス26.4%からマイナス9.3%にそれぞれ改善した。

公共支出は新型コロナ対策に基づく補助金拡大などにより前期のプラス2.3%からプラス6.9%に拡大。公共投資もマイナス38.7%からマイナス18.6%に改善した。

モノとサービスの輸出はマイナス21.7%からマイナス4.7%に回復。輸入もマイナス19.7%からマイナス7.8%に改善した。

■来年通年は6.5—7.5%のプラス成長■

中銀のノル・シャムシア・ユヌス総裁は、新型コロナの第三波にともなう全国規模の条件付き行動制限令(CMCO)が第4四半期の経済に一定の影響を及ぼす可能性があると指摘。マイナス3.5—5.5%としている今年通年の経済成長予想にはすでに織り込み済みだが、予想の下限に近づきつつあるとした。

また来年についても引き続き下振れリスクに晒されているとした上で、今年第2四半期のマイナス幅から推察するとそれほど深刻にならないと予想されると指摘。6.5—7.5%のプラス成長に回復するとの見方を示した。

スポンサードリンク

 

新しいインタビュー・コラム記事を追加いたしました。

エアアジア、日本国内線への2度目の挑戦も失敗に

マレーシアから日本への一時帰国→入国・隔離生活インタビュー

代表ブログ 11.06

【マレーシアBIZナビ無料試読のご案内】