スポンサードリンク

【クアラルンプール=マレーシアBIZナビ】 国家安全委員会(NSC)は7日、復興に向けた行動制限令(RMCO)期間における最新版の標準的運用手順(SOP)を発表した。

 7日付けでセランゴール州、クアラルンプール(KL)、サバ州を除くほぼ国内全域で条件付き行動制限令(CMCO)指定を撤廃し、RMCO(12月31日まで)に戻したことを受けたもの。

 RMCO指定地域では、▽教育機関、音楽スクール、ダンススクール、言語学校など▽仕事でのRMCO指定地域、またはCMCO指定地域への行き来▽乗用車の人数規制撤廃▽すべての経済活動▽結婚披露宴、社交活動、宗教活動——は認められる。

 一方で、▽海外選手が参加するスポーツ大会▽マレーシア人の海外観光旅行、外国人観光客の入国▽CMCO(グリーンゾーン除く)及びEMCO指定地域への観光目的での旅行▽EMCO指定地域を通過する際の下車——などは依然禁止される。

 またCMCO指定地域については、飲食店で店内飲食を行なう場合、客同士が1メートルの間隔を空けることを条件にテーブル毎の人数制限は撤廃する。

■セランゴール&KL&サバは20日までCMCO延長■

 サブリ上級相は5日、セランゴール州、クアラルンプール(KL)、サバ州におけるCMCOについて、一部の地区を除いて12月20日まで延長すると発表した。当初の予定では6日で終了することになっていたが、新型コロナ感染者の増加傾向が続いているため延長に踏み切った。

 セランゴール州、KL、サバ州を除く現行のCMCO指定地域については、6日でCMCO指定が解除され復興に向けたRMCOに戻った。