【クアラルンプール】モハマド・シャハル第2財務相は10日の下院で、政府として物品・サービス税(GST)再導入あるいはほかのタイプの消費税導入の実現可能性を研究すると明らかにした。
モハマド・シャハル氏は7日の審議では、歳入を増やすためあらゆる選択肢を検討しているが、GSTは選択肢に含めていないと言明していた。
10日の審議でモハマド・シャハル氏は、新たな税は管理が容易で、歳入を増加させるが、ビジネスコストの上昇をもたらさないものでなければならないとした。
富裕税導入の可能性を問われたのに対しモハマド・シャハル氏は、国民に負担となる新税は導入しないと述べた。
モハマド・シャハル氏は「新税を創設すれば歳入は増える。しかしそれが国民の負担増になるのであれば有効ではない」と語った。
(ベルナマ通信、12月10日)

スポンサードリンク

 

新しいインタビュー・コラム記事を追加いたしました。

2020年マレーシアの出来事(下半期編)【ウィークリーコラム】

オンライン食品商談会の記録 【スタッフブログ12.17】

コロナ禍での日本一時帰国→マレーシア再入国【代表ブログ特別編12.14】

【マレーシアBIZナビ無料試読のご案内】