スポンサードリンク

【クアラルンプール=マレーシアBIZナビ】 保健省(MOH)は16日、新型コロナウイルス「Covid-19」の新規感染者数が前日から1,295人増加したと発表した。アクティブ感染者数は1万4,751人で、累計感染者数は8万7,913人となった。

州・地域別の感染者数はセランゴール州が最も多く481人だった。それに▽サバ州(268人)▽クアラルンプール(KL、232人)▽ジョホール州(105人)▽ペナン島(69人)▽ネグリ・センビラン州(60人)▽ペラ州(35人)▽マラッカ州(14人)▽パハン州(13人)▽ケダ州(9人)▽プトラジャヤ(4人)▽ラブアン(3人)▽トレンガヌ州(1人) ▽クランタン州(1人)ーーが続いた。ペルリス州、サラワク州はゼロだった。1,052人が退院し、累計治癒者は7万2,733人となった。死者数は7人増えて、累計で429人となった。 保健省のノール・ヒシャム事務次官は15日、KLの感染者数が11月29日の493人を上回り、過去最高の696人となったことについて、建設現場である「ダマンレラ」クラスターで新たに568人の感染がわかったことが影響したと説明した。11月7日からレンバ・パンタイやケポン、ティティワングサと広い範囲で感染者を出しており、累計の感染者は2,451人となっていると言明。その一方で新たに発生したクラスターはないとし、国内のクラスターは累計で418となり、うち229は収束したと明らかにした。