【クアラルンプールーマレーシアBIZナビ】 イスマイル・サブリ・ヤアコブ上級相(兼国防相)は18日、セランゴール州、クアラルンプール(KL)、サバ州で発令されている条件付き行動制限令(CMCO)について、一部を除いて12月31日まで延長すると発表した。

セランゴール州のフル・セランゴール、サバク・ベルナム、クアラセランゴールの3地区はすでにCMCO指定を除外され、復興のための行動制限令(RMCO)指定に戻っている。

サブリ上級相は今月5日、セランゴール州、KL、サバ州におけるCMCOについて、一部の地区を除いて12月20日まで延長すると発表していた。

このほかの地域では、ネグリ・センビラン州ポート・ディクソンとセレンバン、ジョホール州ジョホールバルとバトゥ・パハ、クライについてもCMCOが12月31日まで延長される。またケダ州クリム、ペラ州ムキム・チャンカト・ジョン、クランタン州クシアル、ジョホール州コタティンギは12月20日でCMCO指定が終了する。

■観客のいるスポーツも来年から許可■

またサブリ上級相は、1月1日よりサッカーなどの観客がいるスポーツの試合の開催を条件つきで認めると発表した。観客の人数は4,000人以下、もしくはスタジアム収容人数の10%以下とする。地域に応じた標準的運用手順(SOP)遵守が求められる。

また12月19日から、定員を半分に限定した上でCMCO及びRMCOを対象に展示会、会議、動物園、自然公園、水族館、博物館、図書館、ギャラリー、遊技場などの再開を認められる。

スポンサードリンク