スポンサードリンク

【クアラルンプール】 UMWトヨタ・モーターは、今年第1四半期のトヨタ及びレクサスの両ブランドの合計販売台数が前年同期比62%増の1万7千台に達したと明らかにした。国内市場シェアは推定12.1%。
売れ筋は「ヴィオス」と「ハイラックス」で、昨年10月に新型が出た「ハイラックス」はピックアップ市場シェアが56%に達したとみられる。「ヤリス」はライバルの「ホンダ・ジャズ」に代わってセグメントのトップとなり、小型ハッチバック・セグメントのシェアは推定73%となった。3月に発売された「カローラ・クロス」も好調で、第4四半期には完成車輸入(CBU)から現地組立(CKD)に切り替える予定。
(ニュー・ストレーツ・タイムズ、ポールタン、4月7日)