【クアラルンプール=マレーシアBIZナビ】  国際ジャーナリストの組織「国境なき記者団」(RSF)は、最新版の「2021の自由度ランキング」(対象180カ国・地域)を発表。マレーシアは119位で、前回の101位から18ランクも順位を下げた。
2018年の政権交代に伴い反フェイクニュース法案は廃案になったが、新型コロナウイルス「Covid-19」や非常事態宣言に関する有害なデマ情報を流した者に対し罰金10万リンギ以下または禁固3年以下、もしくはその両方を科す内容の「2021年緊急事態(基本権限)命令」(No.2)が今年3月に発令されたことが影響した。
世界トップはノルウェーで、これにフィンランド、スウェーデン、デンマーク、コスタリカが続き、欧州勢が大半を占めた。最下位はエリトリア、北朝鮮は下から2番目の179位だった。日本は67位だった。
東南アジアではインドネシアが113位でトップとなり、以下、タイが137位、フィリピンが138位、ミャンマーが140位、カンボジアが144位、ブルネイが154位、シンガポールが160位、ラオスが172位、ベトナムが175位となった。



【日本留学経験者のご紹介から人事・労務のご相談まで弊社へお任せ下さい!】

スポンサードリンク