【ペタリンジャヤ/コタティンギ】薬品大手ファーマニアガ・ライフサイエンスによるワクチンのフィル・アンド・フィニッシュ(充填および最終製剤化)が国家医薬品規制庁(NPRA)の承認を受けた。中国のシノバックが製造したワクチンをマレーシア工場で充填する
保健省のノール・ヒシャム事務次官によると、フィル・アンド・フィニッシュの承認は初めて。マレーシアはこの方式で1,400万回分のシノバックワクチンを購入する。
アダム・ババ保健相によると、アストラゼネカのワクチンの第1回目の納入品(26万8,800回分)が23日夜、クアラルンプール国際空港に到着した。ワクチン開発に各国が共同出資・購入する枠組み(コバックス)を通じての調達だ。
同社製ワクチンの安全性の問題についてアダム・ババ氏は、利益がリスクを上回ることをメーカーのデータは示していると述べた。親和性がある人は限られるため、ほかの会社のワクチンも購入する。
(ベルナマ通信、4月24日)



【日本留学経験者のご紹介から人事・労務のご相談まで弊社へお任せ下さい!】

スポンサードリンク