【クアラルンプール】 新型コロナウイルス「Covid-19」感染拡大防止のため行動制限令(MCO)発令地域を対象に商店での買い物に2時間以内の制限が設けられることに関して、アレクサンダー・ナンタ国内取引消費者行政相は主要小売店でランダムチェックを実施する方針を明らかにした。

ナンタ国取相によると、チェックのために配備できる人員が約2,200人しかいないため、実施対象は主要店に限定される。買物客の入店記録は追跡・情報アプリ「MySejahtera」に残るため、2時間を超えていないかチェックできるという。

入店時間の制限措置は、首相府による21日のMCO強化策発表に続いて、ナンタ国取相が明らかにしていたもの。これを受けてマレーシア・ショッピングモール協会(PPK)は、ショッピングモール側に買物客管理の負担を押し付けるべきでなく、あくまで買物客の自主性に任せるべきと反発していた。

(マレー・メイル、5月24日)



【日本留学経験者のご紹介から人事・労務のご相談まで弊社へお任せ下さい!】

スポンサードリンク