【クアラルンプール】 7カ月ぶりに国会が再開したが、早速新型コロナウイルス「Covid-19」対策を巡って論戦が行なわれ、アダム・ババ保健相が野党から集中砲火を浴びた。
野党・国民信任党(Amanah)のズルケフリ・アハマド議員(前保健相)は、大規模な感染検査の実施が遅れたことで今起きている第三波を引き起こした責任を追求。保健省はようやくクラスターが出てから対象を絞った感染検査と追跡調査を行なっており、クラスターの宣言についても最初の感染から1カ月半もかかることがあったと初動の遅れを指摘した。
野党・人民正義党(PKR)のサイフディン・ナスシオン議員(前国内取引消費者行政相)は、保健省が感染拡大に関する詳細なデータを公表することに前向きでない点に言及し、データ不足と官僚的な形式主義が相まって、科学とデータに基づいた計画を提示することを困難にしたと批判。データ不足のために世界の研究機関が出しているオープンソースに頼らざるを得なかったと指摘した。
アダム保健相は、新型コロナと戦うために政府が生命を保護し、人々の生存と経済の回復を確実にするために包括的なアプローチを取っていると説明。感染者治療のための対策の中には、仮設の低リスク感染者向け隔離および治療センター(PKRC)の設置があり、全国のPKRC稼働率が61%に上っていると述べた。
またアダム氏は、保健省は全国にPKRC132カ所を設置し、合計2万9,835床のベッドを準備したと説明。またコロナ治療を行なう病院は221カ所あり、一般病床が公立病院で1万5,090床、私立病院で1,288床、集中治療室(ICU)病床が公立病院で1,405床、私立病院で128床あるとした。
アダム氏はさらに、保健省がこれまで新型コロナの感染検査と治療のために71.3億リンギ、ワクチン調達及び消耗品のために47.8億リンギの予算を獲得したことを明らかにした。
(ニュー・ストレーツ・タイムズ、エッジ、7月27日)



【日本留学経験者のご紹介から人事・労務のご相談まで弊社へお任せ下さい!】

スポンサードリンク