【クアラルンプール=マレーシアBIZナビ】 ダイハツ系プルサハアン・オトモビル・クドゥア(プロドゥア)は26日、2021年通年の新車販売台数がメーカー別トップを維持したものの19万291台にとどまり、前年比13.6%の大幅減となったと明らかにした。

新型コロナウイルス「Covid-19」感染抑制を目指して発令された行動制限令(MCO)や半導体不足のために生産が止まったことなどが影響したもので、生産台数は前年の22万163台から19万3,400台に減少した。販売台数は当初の目標の24万台はもちろん、下方修正後の20万台にも届かなかった。市場シェアは前年の41.7%から37.4%に縮小した。

車種別の販売台数は、▽マイヴィ(4万7,525台)▽アジア(4万3,080台)▽ベザ(4万2,698台)▽アティバ(2万6,847台)▽アルス(1万5,313台)▽アルザ(1万4,828台)――の順となった。11月に発売された新型「マイヴィ」はこれまでに7,055台を売り上げ、予約台数は3万1,154台に達している。

2022年については、需要が堅調であることから24万7,800台の販売目標を掲げており、マレーシア自動車連盟(MAA)による自動車総需要量(TIV)予想の61万台から推定してシェアが40.6%まで回復すると予想している。生産台数は前年比37.5%増の26万5,900台を見込んでおり、現地調達部品の購入額は同41.5%増の75億リンギと予想している。



【日本留学経験者のご紹介から人事・労務のご相談まで弊社へお任せ下さい!】

スポンサードリンク