【クアラルンプール=マレーシアBIZナビ】 イスマイル・サブリ・ヤアコブ首相は14日、2020年度の国勢調査の結果を発表。外国人を含む総人口が3,244万7,385人となり、過去10年の年平均増加率(CAGR)は1.7%だったと明らかにした。
内訳は、マレーシア人が2,980万人で、全体の91.7%を占めた。外国人が270万人で、8.3%となった。
総人口のうち1,700万人が男性、1,550万人が女性。人口性比(女性100人に対する男性の数)は110だった。
世代別でみると、0ー14歳は780万人で構成比は24.0%だった。15ー64歳が最も構成比が高く69.3%(2,250万人)。65歳以上は220万人で6.8%となり、前回調査時の5.0%から高齢化が進んだことが伺えた。
民族別ではブミプトラ(マレー人および先住民族の総称)が最も多く構成比は69.4%。華人系が23.2%、インド系が6.7%、その他が0.7%だった。
地域別で最も人口増加率が高かったのはプトラジャヤで、4.7%アップした。それにセランゴール州(増加率2.7%)とマラッカ州(同2.3%)が続いた。一方でサラワク州は0.2%増にとどまり、最も増加率が低かった。



【日本留学経験者のご紹介から人事・労務のご相談まで弊社へお任せ下さい!】

スポンサードリンク