【クアラルンプール=マレーシアBIZナビ】 セブン・イレブン・マレーシアは24日、セランゴール州シャアラムで、淹れたてのコーヒーやホットスナックを提供する「7カフェ」を併設した「ジャラン・クリスタル店」をオープンした。
「7カフェ」はこれまで、クアラルンプールの「メナラTAワン店」、「デサ・スリ・ハルタマス店」、「トゥン・H.S.リー店」、セランゴール州の「ブキ・アンタラバングサ店」、「サウジャナKLIA店」、「エコ・アーデンス店」、「ジャラン・ワリサン店」の7店舗で展開しており、今回で8店舗となった。

「7カフェ」では、「アメリカン」、「ラテ」、「カプチーノ」などの淹れたてのコーヒーの他、「ホット・チョコレート」、「クリームソーダ」、「ピンク・レモネード」などのドリンクを提供。「フライドポテト」や「ナチョス」「ポップコーンチキン」、「チキンフィンガーズ」、「クロッフル」、「ピザ」などのホットスナックに加え、「ソフトクリーム」やシャーベット状になったソフトドリンク「スラーピーフロート」なども販売する。その他、輸入の菓子などの食品や飲料も幅広く取り扱っており、店内には写真映えするようにデザインされたイートインスペースも併設されている。
セブン・イレブン・マレーシアのマーケティング担当のチン・ホーウェイ氏は、国内最大のコンビニエンスストア・チェーンとして、若年層の顧客満足度を向上させるために革新的な商品やサービスを取り入れることで、コンビニ市場での地位を強化したいと言明。「7カフェ」では、高級な食品や飲料を提供していくと述べた。



【日本留学経験者のご紹介から人事・労務のご相談まで弊社へお任せ下さい!】

スポンサードリンク