【クアラルンプール=マレーシアBIZナビ】 三菱モータース・マレーシア(MMM)は4日、ピックアップトラックの「トライトン」の限定モデル「ファントム・プラス」を発表した。

「ファントム・プラス」は、1,000台限定で発売するもので、都会から郊外へのアウトドア両方の運転を楽しめるように設計されている。頑丈かつ存在感のあるボディキットと運転の利便性や安全性を高めるアクセサリーを搭載。保険なしの価格は13万9,700リンギからで、5年間もしくは20万キロの保証が付く。

「トライトン」は、マレーシアでは人気のピックアップトラックで、2021年4月ー2022年3月の販売台数は前年同期比24%増の9,420台。2022年1ー6月では前年同期比44%増の4,820台を販売した。

池田真也 最高経営責任者(CEO)は、今年の自動車販売台数の見通しについて、消費者景況感が改善しているとして、楽観視していると言明。新型コロナウイルス「Covid-19」の流行中や、変異種が出現下も、同社の自動車への需要は強かったとし、政府の政策が消費者景況感を下支えしたとした。

 



【日本留学経験者のご紹介から人事・労務のご相談まで弊社へお任せ下さい!】

スポンサードリンク