【クアラルンプール】 新型コロナウイルス「Covid-19」に続き、ロシアによるウクライナ侵攻や米中対立により自動車スペアパーツの供給状況が世界的に悪化しており、供給不足を受けて価格が大幅に上昇している。

マレーシア自動車アクセサリー販売協会のリム・ビーチョー会長によると、スペアパーツ価格がすでに25%上昇している。欧州から制裁を受けたロシアの報復措置としてのエネルギー供給停止により、欧州がエネルギー危機に陥っている。このため欧州製のスペアパーツが特に影響を受けているという。中国のゼロ・コロナ政策も日韓の自動車部品供給に影響を及ぼしている。

マレーシア自動車振興起業家協会のモハマド・カリム会長によると、部品によっては価格が60%上昇している。パーツ以外でもタイヤ、エンジンオイル、潤滑油の価格も10ー15%上昇している。通常、潤滑油価格は2ー3年に2ー3%しか上昇しないが、今年はすでに2倍になっている。またパーツ発注から納品までの時間もかかるようになっており、以前は1週間程度だったが今は1カ月程度かかるという。
(ザ・スター電子版、8月15日)



【日本留学経験者のご紹介から人事・労務のご相談まで弊社へお任せ下さい!】

スポンサードリンク