【クアラルンプール】 仏ミシュラン社は13日、レストランの評価を星の数で表す「ミシュランガイド」のマレーシア版を発表。97軒の国内レストランを紹介し、4軒のレストランが「近くに訪れたら行く価値のある優れた料理店」である一つ星を獲得したと明らかにした。

一つ星に選ばれたのは、クアラルンプールでは、マレー料理店「デワカン」とフランス料理店「DCバイ・ダレン・チン」、ペナンでは、プラナカン料理店「アウンティ・ガイ・リーンズ・オールドスクール・イータリー」とヨーロッパ料理店「アウ・ジャルディン」。また、コストパフォーマンスのよい良質な店に与えられるビブグルマンには、KL15軒、ペナン17軒の合計32軒が選ばれた。KLの人気店であるスリランカ料理店「アリヤー」、マレー料理店 「デ・ワン1958」、 ベトナム料理店「サオ・ナム」、ストリートフードの「タマン・ブキ・カレーミー」 なども含まれている。サービスのプロフェッショナルを対象としたミシュラン特別賞では、ヤングシェフ賞を「アウ・ジャルディン」のシェフ、ソムリエ賞を「DCバイ・ダレン・チン」のソムリエ、サービス賞を「デワカン」のホール担当者がそれぞれ受賞した。

ミシュランは今後もマレーシアに拠点を置き、他都市にも進出する計画だとしている。
(ザ・サン、12月15日、ザ・ヴァイブス、12月14日、ミシュラン発表資料)



【日本留学経験者のご紹介から人事・労務のご相談まで弊社へお任せ下さい!】

スポンサードリンク