【クアラルンプール】 サイフディン・ナスシオン内務相は8日、マレーシアに入国する外国人観光客に関するすべての入国ポイントにおける標準的運用手順(SOP)はこれまで通りで変更はないと言明。8日から海外旅行規制が緩和される中国からの旅客についても他国からの旅客と差別しないと強調した。

視察のためにクアラルンプール新国際空港(KLIA)を訪れたサイフディン内務相は、SOPを見直す決定を行う際には最新の新型コロナウイルス「Covid-19」データにのみ基づいて行われると強調。「旅客を区別することは賢明ではない。そうした区別を設ける態度は正しくないと思う」と述べ、中国からの旅客に対しても同じアプローチで臨む考えを示した。

アンワル・イブラヒム首相は4日、国民の健康と安全が優先だとした上で、入国者に対する感染チェックを行う上でどの国も差別しないと述べていた。
出入国管理局はマレーシアに入国する外国人に対する管理を強化しており、37度以上発熱している旅行者は別室で医師の診察を受け、新型コロナの陽性反応が出た場合はスンガイ・ブロー病院に移送されることになっている。

空港運営のマレーシア・エアポーツ(MAHB)によると、1月8日には中国からの直行便がKLIAに9便、格安航空ターミナルのKLIA2に2便到着した。向こう1週間は1日当たり平均10便を受け入れる予定だという。
(エッジ、1月8日)



【日本留学経験者のご紹介から人事・労務のご相談まで弊社へお任せ下さい!】

スポンサードリンク