スポンサードリンク

【クアラルンプール】 多くの医療専門家が、新型コロナウイルス「Covid-19」の第4波への懸念が高まっていると指摘している。ラマダン(断食月)関連行事によってコミュニティ間の感染が拡大する懸念があり、すでに厳しい状況に置かれている医療システムに壊滅的影響を与える恐れがあるという。
リー・ブーンチェ元副保健相は、すでに4月1日に第4波が始まっていると指摘。過去の例からみて向こう数週間で急増する懸念があるとしている。また接触者の追跡システムが脆弱のままでは感染者拡大を食い止めるのは難しいが、そうした感染者の追跡調査や隔離に携わる人材が不足していると指摘。接触者追跡方法が大幅に改善されない限り感染者の増加は止まらないとしている。
マレーシア医師会のスブラマニアム・ムニアンディ会長も、すでに第4波が来ている兆候があると指摘。過去数週間で感染者数が急速に増加しており、今後もさらに増加すると予想している。
マレーシア・プトラ大学(UPM)のマリナ・オスマン博士(疫学)は、断食明けのイベントなどで人々がマスクを外したり一緒に食事をしたりするような活動は延期すべきと指摘。ハリラヤ(断食月明け大祭)のイベントにより、すでに2万人を突破しているアクティブ感染者数が5万人に達する恐れがあるとしている。
マレーシア・マニパル大学のG.ジャヤクマル博士(産業医学)も、ラマダン関連イベントのほか、結婚式などの行事は止めるべきだと指摘。人々の間に疲労が溜まって標準的運用手順(SOP)の遵守度が低下していると懸念を示している。
(フリー・マレーシア・トゥデー、ニュー・ストレーツ・タイムズ、4月21日)