【クアラルンプール=マレーシアBIZナビ】 新型コロナウイルス「Covid-19」ワクチン調整担当大臣を兼任するカイリー・ジャマルディン科学技術革新相は、第一陣のワクチンの到着が早まったことから、26日を予定していた接種を24日に前倒しで開始すると発表した
プトラジャヤ・ヘルスクリニックで24日にムヒディン・ヤシン首相や保健省のノール・ヒシャム事務次官のほか、続いて医療従事者や最前線で働く治安維持関係者なども接種を受ける。
すでに最前線の57万1,802人がワクチン接種登録を行なっており、57.3%を医療従事者、42.7%を軍人、警察官、刑務官、税務署員、消防署員、自警団などが占めた。
米ファイザー製のワクチンの第一陣は、21日午前10時過ぎにマレーシア航空(MAS)便で無事にクアラルンプール新国際空港(KLIA)に到着した。またペナン空港にも同日、1万6,000回分のワクチンが到着した。中国・科興控股生物技術(シノバック・バイオテック)製のワクチンは2月27日に到着する予定。

スポンサードリンク

 

新しいインタビュー・コラム記事を追加いたしました。

MCO2.0下のマレーシア再入国レポート 

代表ブログ 01.20 【代表ブログ】

【マレーシアBIZナビ無料試読のご案内】