スポンサードリンク

【クアラルンプール】サイバーセキュリティーに関する政府機関のサイバーセキュリティー・マレーシア(CSM)、携帯電話のセルコム・アシアタおよび通信機器の中国系ファーウェイ(華為技術)マレーシアは、5G(第5世代移動通信システム)サイバーセキュリティー試験施設を設けることで合意し、覚書を交わした。CSMの敷地内に23年中をめどに整備する。この種の試験施設は東南アジアで初めて。
5G通信のセキュリティーにかかわる脅威の理解、管理、緩和を目的としたプロジェクト。政府は今年末に5Gネットワークの敷設を開始する方針だ。
CSMのアミルディン最高責任者は「サイバー上の脅威は増大しており、国の安全保障、国民の安全確保が最重要課題だ。脅威から組織、個人を守るための知識、ツールが必要になる」と語った。
試験施設では、無線アクセスネットワーク、ネットワークを相互接続するコアネットワーク、クラウドで利用するアプリケーション、ユーザー機器など多様な技術の研究に取り組む。
(ベルナマ通信、3月30日)