【コタバル=マレーシアBIZナビ】 新型コロナウイルス「Covid-19」新規感染者が急増しているクランタン州では、病院の患者受け入れ能力が限界に達している。同州自治体・住宅・保健委員会のイザニ・フシン議長が明らかにした。病床の不足のほか隔離センターの受入能力の限界、医療従事者不足も深刻化している。

22日時点での同州の基本再生産数(R0)は1.53となり、平均1.16を大きく上回って全国ワーストとなっている。新規感染者数は662人で、前日の370人から大幅増加。これも全国ワーストとなっている。同州内のクラスターの数は31カ所に増えており、アクティブ感染者数は3,493人、累計感染者数は1万199人となっている。

16日から行動制限令(MCO)対象となっている▽コタバル▽パシルマス▽パシルプテ▽バチョック▽マチャン▽トゥンパ▽タナメラ——の7地区に加え、21日には新たに3地区がMCOに指定され、クランタン州全域が4月29日までMCOの対象となっている。

■州を跨いだ移動は引き続き禁止=上級相■

イスマイル・サブリ・ヤアコブ上級相(兼国防相)は、新規感染者が増加していることから、州を跨いだ移動について引き続き禁止すると言明した。

これまで州を跨いだ移動によって引き起こされたクラスターが38カ所で発生しており、うち7カ所は4月に入ってから発生したという。

スポンサードリンク