【クアラルンプール=マレーシアBIZナビ】 不動産ポータルのiプロパティが発表した「2021年上半期の需要分析(中古住宅市場)」によると、主要な地域で新型コロナウイルス「Covid-19」感染症抑制のための規制が行われていたのにも関わらず、今年上半期の中古住宅需要は19.2%増加した。
中央銀行バンク・ネガラ(BNM)に申請された住宅ローンの借入額も前年同期比86%増加し、1,794億リンギとなった。
中古住宅の物件別では、テラスハウスの需要は29%、アパートが11.7%、サービス付きアパートが6.8%、コンドミニアムが5,2%それぞれ増加した。
州・地域別では、ジョホールで最も中古住宅需要が増加し、前年同期比で36.5%アップした。それに▽ペナン(23%)▽セランゴール(17.6%)▽クアラルンプール(KL、8.1%)ーーが続いた。
KLで最も人気だったのはダマンサラハイツだった。それ以下は▽バングサ▽タマン・トゥン・ドクター・イスマイル▽セティワングサ▽セプテーーとなった。セランゴールのトップ5は▽プンチャク・アラム▽デンキル▽セメニエ▽セティア・アラム▽クアラ・セランゴールーー。ペナンは▽バトゥ・カワン▽バリク・プラウ▽ニボン・テバル▽ケパラ・バタス▽セベラン・ジャヤーー。ジョホールは▽バトゥ・パハ▽パシル・グダン▽クルアン▽コタ・ティンギ▽セナイーーの順となった。



【日本留学経験者のご紹介から人事・労務のご相談まで弊社へお任せ下さい!】

スポンサードリンク