【クアラルンプール=マレーシアBIZナビ】 マレーシア外国貿易開発公社(MATRADE)の発表(速報値)によると、2021年通年の輸出高は前年比26.0%増の1兆2,398.0億リンギとなった。
輸入高は9,872.4億リンギで、プラス23.3%。貿易高は24.8%増加の2兆2,270.4億リンギで、初めて2兆リンギを超えた。貿易黒字は前年比37.7%増の2,525.6億リンギとなり過去最高となった。貿易黒字は24年連続。
日本への輸出額は752.7億リンギで前年比20.3%増加、輸入額は19.7%アップの737.1億リンギ。貿易高は20%増の1,489.9億リンギ、シェアが6.7%となり、7年連続で4位を維持した。
輸出先を国・地域別で見ると、 中国がトップとなり、2ー5位はシンガポール、米国、香港、日本の順となった。トップだった中国向け輸出は前年比で20.6%プラスとなった。シンガポールと米国、香港も22.0%、30.4%、12.4%とそれぞれ二桁増となった。品目別ではE&Eが4,557.3億リンギでトップ。これに精油製品とパーム農産物が続いた。
輸入先も中国がトップで、これにシンガポール、台湾、米国、日本が続いた。品目別では、E&Eが3,143.5億リンギでトップ。これに化学製品と精油製品が続いた。
12月単月の輸出高は1,238.5億リンギで、前年同月比29.2%、前月比10.4%それぞれ増加。輸入高は928.6億リンギで、前年同月比23.6%のプラスとなったが、前月比では0.4%のマイナスとなった。貿易高は2,167.1億リンギで、前年同月比26.8%、前月比5.5%共にアップ。貿易収支は309.9億リンギの黒字だった。



【日本留学経験者のご紹介から人事・労務のご相談まで弊社へお任せ下さい!】

スポンサードリンク