【クアラルンプール】 中国の自動車メーカー、長城汽車(GWM)は今年、マレーシア市場に再参入する計画だ。

東南アジア諸国連合(ASEAN)・タイ地域のエリオット・チャン社長が、先ごろ開催したタイ市場の見通し発表の場で、タイを地域本部として、マレーシアとベトナム、フィリピン、シンガポールに事業を拡大する計画を明らかにした。
 GMWは昨年タイにおいてゼネラルモーターズの組立工場を買収し、タイ市場に参入。そのほか、東南アジアでは、ラオス、カンボジア、ブルネイで事業を行っている。
自動車関連ニュースポータルの「ポールタン」は、マレーシア市場に投入する車種はハイブリッド・スポーツタイプ多目的車(SUV)「ハーバル・ジョリオン(哈弗初恋)」、コンパクトSUVのプラグイン・ハイブリッド「ハーバルH6」、小型電気自動車(EV)「オラ・グッド・キャット(欧拉好猫)」3モデルになると予想した。
(ポールタン、2月11日)



【日本留学経験者のご紹介から人事・労務のご相談まで弊社へお任せ下さい!】

スポンサードリンク