【クアラルンプール =マレーシアBIZナビ】 キャピタルA(旧称・エアアジア・グループ)の格安宅配便部門のエアアジア・エクスプレスが、首都圏クランバレーと主要都市(イポーやジョホールバル、マラッカ、ペナン、クチン、コタキナバル)間の配達を開始した。
配達はアプリ「スーパーアプリ」の「エクスプレス」アイコンから受け付け、キャピタルAの貨物・物流部門であるテレポートが、マレーシア半島内で1ー3日以内、東マレーシアへの5ー9日以内に配達する。半島と東マレーシア間の配達料金は、従来の配達料金に比べて47%安いという。
エアアジア・エクスプレスはサービス拡大を記念して、「スーパーアプリ」利用者を対象に、4ー17日までの決済時に「DOMESTIC」と入力することで配達料金を20%割り引く。
エアアジア・エクスプレスは、首都圏クランバレーやマラッカ、ジョホールバル、コタバル、ペナン、イポー、コタキナバル、ミリ、クチン、シンガポール、バンコク内で即時・同日配達サービスを実施している。また今後、域内、国際、都市間配送サービスもスタートする予定だ。



【日本留学経験者のご紹介から人事・労務のご相談まで弊社へお任せ下さい!】

スポンサードリンク