【クアラルンプール】 日産車販売を手掛けるエダラン・タンチョン・モーター(ETCM)は、売上・サービス税(SST)の減免措置が6月末で終了したことから、日産車の販売価格を1.55ー7.34%値上げした。
「アルメーラ」は、「1.0ターボVL」が4.98%値上げの8万3,888リンギ、「1.0ターボVLP」が4.87%値上げの8万9,888リンギ、「1.0ターボVLT」が5.01%値上げの9万5,888リンギ。
「エクストレイル」は、「2.0 2WD」が6.42%アップし13万6,888リンギ、「2.0ミッド2WD」が7.34%アップし14万9,888リンギ、「2.0ハイブリッド2WD」が1.55%アップし15万9,888リンギとなる。
「リーフ」の値上げ率は4.20%で17万5,888リンギとなった。今月発表された「セレナSハイブリッド」は、当初からSST込みの価格で、「ハイウエイスター」が14万9,888リンギ、「プレミアム・ハイウェイスター」が16万2,888リンギとなっている。
一方で、商用車「ナバラ」「NV200」はSST減免措置の対象外だったことから販売価格の変更は行われなかった。
(ポールタン、7月18日)



【日本留学経験者のご紹介から人事・労務のご相談まで弊社へお任せ下さい!】

スポンサードリンク