【クアラルンプール=マレーシアBIZナビ】 金融比較サービスのリンギプラスが実施した2022年度版の「マレーシア人の金融リテラシー調査」によると、70%が毎月の貯蓄額が「500リンギ以下」であると答えた。

「1,500リンギ以上」との回答は5%で、2020年の調査時の20%、2021年の15%から回答率は大幅に低下した。また「貯金だけで3カ月は生活できる」との回答率も63%となり、前年の51%から低下。55%のマレーシア人が「月収と同額の支出をしている」と答え、前年(44%)よりも家計が悪化していることがわかった。
貯蓄額の減少と物価上昇に伴う影響により、55%が「クレジットカードの請求額を完全に返済できていない」と答えたものの、前年(70%)からは回答率が低下。その一方で、政府が従業員積立基金(EPF)の引き出しを承認した場合、21歳以上回答者の66%が「引き出しを申請する」と回答。投資については、52%が「始めていない」と答え、金融リテラシーに関して課題を抱えていることが明らかになった。

リンギプラスは、今回の調査で、マレーシア人が経済的に課題を抱えていることが明らかになったとし、これは国民だけではなく、政府や業界関係者にとり厳しい現実だと指摘。長期的な解決策が必要だとした。
同調査は18歳以上の3,144人を対象に実施した。



【日本留学経験者のご紹介から人事・労務のご相談まで弊社へお任せ下さい!】

スポンサードリンク