【クアラルンプール】 国際マーケティング会社の仏系イプソス(Ipsos)マレーシアが実施した調査によると、マレーシア人の82%が過去6カ月間で電子商取引プラットフォーム「ショッピー」を利用して買い物をしたと回答し、オンラインショッピングサイトの利用者トップとなったことがわかった。

2番目に利用者が多かったのは、「ラザダ」で、回答率は31%となった。それ以下は▽「フェイスブック」(回答率18%)▽「ゴーショップ」(6%)▽「ムダ」(6%)▽淘宝(5%)▽「インスタグラム」(5%)ーーの順となった。

イプソスによると、マレーシアでは回答者の2人に1人が過去6カ月以内に1度以上はオンラインショッピングを利用したと回答した。購入商品で最も多かったのは衣類や靴などのファッションアイテムで回答率は47%となった。それに▽ホームケア用品(35%)▽アクセサリー(33%)▽美容・化粧品(32%)▽食品(27%)▽電子機器(24%)▽家電製品(20%)ーーが続いた。

最もオンラインショッピングを利用している年齢層は18ー34歳となり、地域別ではマレー半島東海岸地域の利用者が62%を占めた。(マレーメイル、6月8日)

スポンサードリンク