【クアラルンプール=マレーシアBIZナビ】 保健省(MOH)は7日、新型コロナウイルス「Covid-19」の新規感染者数が4日連続で減少し5,271人となったと発表した。アクティブ感染者数は8万4,269人で、累計感染者数は62万2,086人となった。

州・地域別の感染者数はセランゴール州が最も多く1,374人だった。それに▽サラワク州(703人)▽ネグリ・センビラン州(571人)▽クアラルンプール(KL、455人)▽ジョホール州(355人)▽クランタン州(341人)▽サバ州(336人)▽ラブアン(209人)▽ケダ州(194人)▽マラッカ州(178人)▽ペラ州(177人)▽ペナン州(153人)▽トレンガヌ州(117人)▽パハン州(99人)▽プトラジャヤ(8人)▽ペルリス州(1人)ーーが続いた。新たに7,548人が回復し、累計治癒者は53万4,357人となった。死者数は82人で、累計で3,460人となった。 保健省のノール・ヒシャム事務次官は6日、感染経路が明らかではない感染が散発的に発生しており、新規感染者数と死亡者の増加に繋がっていると懸念を表明。変異種の感染拡大も続いているとして、改めて感染対策の強化を国民に対して訴えた。一方で、これまでで最多となる30カ所のクラスターを新たに確認したと明らかにした。
職場では最も多い18カ所のクラスターを確認。コミュニティで7カ所、教育機関で2カ所、宗教活動と拘留所、老人ホームでそれぞれ1カ所のクラスターが発生した。
州別では、ジョホール州で8カ所、サバ州で6カ所、クランタン州とセランゴール州でそれぞれ4カ所、ペナン州、マラッカ州でそれぞれ2カ所、ケダ州、パハン州、プトラジャヤ、ペラ州でそれぞれ1カ所発生した。

 



【日本留学経験者のご紹介から人事・労務のご相談まで弊社へお任せ下さい!】

スポンサードリンク