【クアラルンプール=マレーシアBIZナビ】 新型コロナウイルス「Covid-19」ワクチン接種調整担当大臣を兼任するカイリー・ジャマルディン科学技術革新相は、6月7日、トラックを利用した移動式ワクチン接種会場の運用を開始したと明らかにした。

移動式ワクチン接種会場は、感染者が多い地域でワクチン接種を迅速化するために計画された。ワクチン接種センターへ出向くのが難しい人にも接種が可能なため、接種数を伸ばす効果が期待される。まずはクアラルンプールの低価格住宅に住む1,000人以上が接種を受ける。

マレーシアでのワクチン接種人数は6月6日時点で357万人。うち244万人が1回目の接種、113万人が2回目の接種まで受けている。州別ではクアラルンプールが50万8,358人と最も多く、次いでセランゴール州が39万8,697人となっている。

国家ワクチン接種プログラム(NIP)では、国民の80%に相当する2,650万人にワクチン接種を行い、集団免疫を獲得することを目指している。



【日本留学経験者のご紹介から人事・労務のご相談まで弊社へお任せ下さい!】

スポンサードリンク