【クアラルンプール】 アダム・ババ保健相は、新型コロナウイルス「Covid-19」感染者のうちカテゴリー4、5に分類される重症者が増加傾向にあり、今後はさらに増加すると予想されるとして懸念を示した。

カテゴリー4、5の重症者数は4月には6,751人だったが、5月には3万287人に増加、6月は13日時点ですでに2万2,857人に達している。カテゴリー4は酸素吸入が必要なレベルで、カテゴリー5は人工呼吸器を装着する必要がある。

重症患者の増加のために集中治療室(ICU)の稼働率は97%に達している。アダム保健相によると、政府系病院や軍病院を含む全国のICU病棟にはベッドが合計1,767床あるが、1,161人が治療を受けており、うち452人が人工呼吸器によるサポートを受けている。

■民間医療施設での感染検査、不当な高額請求も■

新型コロナの感染検査の費用について、アダム保健相は民間のクリニックや医療施設に対し、保健省が設定した上限価格を超える場合、費用明細を提示する必要があると言明。不当に高額な費用を請求された場合には危機準備対応センター(CPRC)または民間医療行為管理室(CKAPS)に苦情を申し立てて欲しいと呼びかけた。

半島マレーシアにおける検査費用の上限は、RT-PCR検査が150リンギ 迅速分子検査が270リンギ、RTK抗原検査が60リンギ、迅速抗体検査が50リンギ。サバ・サラワク州ではRT-PCR検査が200リンギ、迅速分子検査が350リンギ、RTK抗原検査が80リンギ、迅速抗体検査が70リンギとなっている。 (ベルナマ通信、6月14日)



【日本留学経験者のご紹介から人事・労務のご相談まで弊社へお任せ下さい!】

スポンサードリンク