【ペタリンジャヤ】 建設業開発局(CIDB)は、完全ロックダウンの標準的運用手順(SOP)に違反した建設現場150カ所に業務停止を命じた。

CIDBは、6月1日に完全ロックダウンが開始されて以降、全国の2,423の建設現場を立ち入り検査し、1,977カ所が非稼働であることを確認、150カ所で違反を確認したという。

違反により業務停止が命じられた150カ所のうち、サラワク州が45カ所と最も多く、それに▽セランゴール州(24カ所)▽マラッカ州(16カ所)▽ペナン州(10カ所)▽トレンガヌ州(10カ所)▽サバ州(9カ所)▽ジョホール州(7カ所)▽クアラルンプール(6カ所)▽パハン州(6カ所)▽ペラ州(5カ所)▽ケダ州(4カ所)▽ネグリ・センビラン州(4カ所)▽ペルリス州(3カ所)▽クランタン州(1カ所)——が続いた。

そのうち11カ所がSOPを導入することで再開を許可された。許可されたのは、▽トレンガヌ州(4カ所)▽マラッカ州(3カ所)▽ジョホール州(2カ所)▽ケダ州(1カ所)▽クアラルンプール(1カ所)ーーだった。

ネグリ・センビラン州セレンバンの建設現場では、SOPに違反して60%以上の労働者を現場で働かせていたため、22日直ちに操業停止を命じられた。

(エッジ、6月21日、ザ・スター、6月22日)

スポンサードリンク