【クアラルンプール】 新型コロナウイルス「Covid-19」ワクチン接種調整担当大臣を兼任するカイリー・ジャマルディン科学技術革新相は、9月末までに人口の約60%にワクチン接種を行うことを目標とすると発表した。

カイリー氏によると、6月に1日15万回、7月に1日20万回という接種目標を掲げていたが、6月15日にすでに1日21万5,000回の接種を達成。6月19日の時点で、人口の12.5%にあたる408万人が少なくとも1回接種済、158万人がすでに2回の接種を完了している。7月に1,100万回、8月に1,300万回、9月に800万回の接種を行っていく。

ワクチン接種の加速化のために大規模ワクチン接種センターを増設する。接種人員についても、6月末から7月にかけて、民間の開業医1,000人がワクチン接種を開始することを目標としており、退職した医療従事者やインターン、医学生なども動員する。ワクチン接種センターへ出向くのが難しい人向けのトラックを利用した移動式ワクチン接種会場も稼働させている。

カイリー氏は、先進国からのワクチン寄付に感謝を示しつつも、先進国による買いだめにより発展途上国へのワクチン供給が滞っている問題について、ワクチンの公平性を確保するよう世界銀行に求めた。

(ニュー・ストレーツ・タイムズ、6月23日)



【日本留学経験者のご紹介から人事・労務のご相談まで弊社へお任せ下さい!】

スポンサードリンク