【クアラルンプール=マレーシアBIZナビ】 保健省(MOH)は30日、新型コロナウイルス「Covid-19」の新規感染者数が1万6,840人となったと発表した。アクティブ感染者数は18万3,706人で、累計感染者数は109万5,486人となった。

州・地域別の感染者数はセランゴール州が最も多く6,092人だった。それに▽クアラルンプール(KL、2,114人)▽ケダ州(1,281人)▽ジョホール州(1,104人)▽ネグリ・センビラン州(1,079人)▽サバ州(1,066人)▽ペラ州(810人)▽ペナン州(689人)▽クランタン州(656人)▽マラッカ州(581人)▽パハン州(540人)▽サラワク州(450人)▽トレンガヌ州(258人)▽プトラジャヤ(100人)▽ペルリス州(13人)▽ラブアン(7人)ーーが続いた。1万2,179人が新たに回復し、累計治癒者は90万2,921人となった。死者数は134人で、累計で8,859人となった。

保健省によると、29日に確認された感染者のうちカテゴリー1(無症状)が49.4%で最も多かった。カテゴリー2(軽度の症状)が48.3%、カテゴリー3(肺炎の症状)が1.2%、カテゴリー4(酸素吸入が必要)が0.8%、カテゴリー5(人工呼吸器を装着する必要)が0.3%となった。
また同日確認されたクラスターは、36カ所だった。職場で18カ所、コミュニティで14カ所、残りはケアセンターや透析センター、拘留所などでクラスターが発生した。地域別ではクランタン州が9カ所と最多だった。



【日本留学経験者のご紹介から人事・労務のご相談まで弊社へお任せ下さい!】

スポンサードリンク