【クアラルンプール】  オンライン証券の楽天トレードは6日、ポイントプログラムを刷新し、2種類のポイント制にすると発表した。
三瀬和正最高経営責任者(CEO)によると、昨年の顧客調査結果に基づき、用途や有効期限が異なる2カテゴリーの「RTポイント」に刷新した。
ひとつめのカテゴリーでは、新規ユーザーは初回入金と株式の購入で最大300RTポイントを獲得でき、ブルサ・マレーシア(マレーシア証券取引所)株や米国株取引で手数料2リンギを支払うごとに1RTポイントを獲得できる。獲得したRTポイントは、エアアジアBIG、ボーナスリンク、ブーストのポイントと交換でき、手数料支払いにも利用できる。有効期限は1年。
2つめのカテゴリーでは、友人紹介(1,000RTポイント)や特別なキャンペーンやウェビナーへの参加によってRTポイントを獲得できる。獲得したポイントは、手数料支払いにのみ利用可能で、有効期限は1カ月。
三瀬CEOは、楽天トレードは創業以来、累計で2億7400万ポイント以上のRTポイントを発行しており、そのうち38%以上が4万4000人がポイントを利用していると説明。2021年にポイント獲得方法を増やし、手数料支払いにも利用できるようにした結果、発行ポイントは約5,500万RTポイントに増え、利用率も前年比3.5倍以上に上昇したと述べた。
(エッジ、7月6日)



【日本留学経験者のご紹介から人事・労務のご相談まで弊社へお任せ下さい!】

スポンサードリンク