【ラワン=マレーシアBIZナビ】 ダイハツ系プルサハアン・オトモビル・クドゥア(プロドゥア)は、6月末の売上・サービス税(SST)減免措置の終了を前にした駆け込み需要が拡大し、納車待ちが現時点で20万台を超えていることを明らかにした。最終日の6月30日には、1日としては過去最高の2万5,100台分の予約があったという。
ザイナル・アビディン社長兼最高経営責任者(CEO)は、月産能力が2万8,000台であることから来年3月末までとなっているSST減免措置の恩恵が受けられる期間中の納車・登録は十分可能だとした。また自動車価格については、現時点で原材料費の高騰分を吸収できているとし、年内は据え置くことが可能との考えを示した。
なお今年通年の販売台数目標については、24万7,800台の従来予想を維持した。
■上半期の新車販売は30%の大幅増■

プロドゥアは、今年上半期(1-6月)の新車販売台数の累計が12万7,343台となり、前年同期(9万7,290台)比30%の大幅増になったと発表した。

 新型コロナウイルス「Covid-19」拡大防止策の影響で落ち込んだ前年同期からのベース効果に加え、SST減免措置が延長されたことが販売増に寄与した。
車種別ではベストセラーのBセグメント「マイヴィ」が3万8,039台で最も多く、これにAセグメント「アジア」が2万9,183台、Aセグメント・セダン「ベザ」が2万8,719台で続いた。
今年6月単月の販売台数は2万1,164台となり、ロックダウンとなった前年同月(1,009台)の21倍となった。


【日本留学経験者のご紹介から人事・労務のご相談まで弊社へお任せ下さい!】

スポンサードリンク