【クアラルンプール】 マレーシア自動車部品製造業者協会(MACPMA)によると、過去2年間にわたって続いている人手不足のために業界は年間20億リンギの損失を被っている。
MACPMAのチン・ジットシン会長は、自動車部品業界がマレーシアの国内総生産(GDP)の2%に貢献していると強調した上で、人手不足による操業の遅れにより結果的に納車の遅れにも繋がっていると指摘した。

チン会長によると、マレーシアの自動車部品メーカーの年間売り上げは2019年には262億リンギで、世界60カ国に50億リンギ相当(タイヤを除く)の輸出を行っていたが、人手不足により多くの部品メーカーの稼働率が60-70%にとどまっているため、注文を断らざるを得ない状態となっている。

 チン会長はまた、深刻な労働力不足が自動車産業の景気回復を阻害しており、生産停止や遅延を引き起こしていると指摘。自動車業界は数百のベンダーによって製造される数千の部品から成り立っているため100%の稼働が必要だとし、通産省による支援に期待していると述べた。
(フリー・マレーシア・トゥデー、7月23日)



【日本留学経験者のご紹介から人事・労務のご相談まで弊社へお任せ下さい!】

スポンサードリンク